5色コンでデュエバトル出た結果!

こんにちは、ひいろです!

私は普段から5色コントロールを熱心に研究しています。

今日は最新の5色コンのデッキレシピを紹介しようと思います。

また、デュエバトルに参加したときの試合内容を載せさせていただきました。

ぜひ皆さんの参考になればと思います。

それではどうぞ!!

デッキ

最新のデュエバトルで使用したデッキはこちらです!

使い方

対戦相手が速攻デッキであればカツキングからのプチョヘンザでの制圧をします!

ビッグマナに対しては墳墓やミラクルスターを使用して粘り強く戦います!

ループデッキ対策として属性の弱いパルテノンを採用してますが、ループデッキ以外のデッキにも刺さることがあります。

このデッキには、墳墓やミラクルスター、シノビなど相手の予想を一歩上回るカードが多く採用されていて、対戦相手の攻める、バンデスする、といった行動に対して意表をついたり、はたまた様子を見てきた相手にはサイバーダイスベガスを置くことで攻めこむのを困難にできます。

デッキ作成においてはあえて高コストの使いにくいカードの採用を見送りました。

デッキ全体のカードがいつでも使える状態であるほど良いと思ったからです。

それでは7/28に参加してきたデュエバトルでの試合の様子を発表します!!

デュエバトル結果

戦った相手は

1回戦 マジックメクレイド 敗北

2回戦 火タッチアナカラージャオウガ

              勝利

3回戦 4色ジャオウ門 勝利

4回戦 青魔道具 勝利

1戦目 マジックメクレイド

対マジックメクレイドでは小型中型の対戦相手の盤面を処理するところで敗北が決定しました。

ステゴロカイザーからプチョヘンザに革命チェンジしようとしたところ, 盤面にいた「ボン・ギゴマイム」によって攻撃できず革命チェンジもできず、

私は盤面にステゴロカイザーを残したままターンエンドすることに。

盤面を放置した結果横並びを許してしまい,このミスが負けに直結してしまいました。

最後はマジックメクレイドにより山札から

このカードの呪文側の効果でエクストラターンをとられ、そのままシールドを削られ敗北、、、

この試合では、エレメント除去であるカードが入っているのも強かったです。盤面のサイバーダイスベガスとパルテノンが5ターン目に一度にバウンスされ驚きました。

こんな強いカードがあるなんて!


二戦目 赤入りジャオウガ

先行5ターン目、相手は盤面に小型キャラ2体を並べたうえでクライマックスジャオウガで殴ってきました。

シールド2枚焼却からの2ハンデスからの3ブレイカー!強すぎる、、、

ジャオウガ一枚でシールドを0枚まで削れます。

ジャオウガがブレイクする残りの3枚のシールドで小型2体を処理しなければいけません、、

ここでトリガーしたのは「切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー」のみ!

2体の小型クリーチャーのうち1枚をバウンス。

そして相手のダイレクトアタック!

負けたと思い手札を公開しようとしたとき

手札に「光牙忍ハヤブサマル」!

ニンジャストライク!ブロック!!

なんとか相手のダイレクトアタックを防ぐことができました!

まさかハヤブサマルを使うことになるとは、、、ありがとう!!!ハヤブサマル!!!

あとから気づきましたが、ハヤブサマルはジャオウガの手札破壊を逃れていました。

うろ覚え出すが、ジャオウガの手札破壊時の手札は4枚だったと思います。

ハヤブサマルは次の手ターンの単色のカードとして持っていたのでダイレクトアタックまで存在を知りませんでした。

本来の正しいハヤブサマルの使い方は、ジャオウガのブロックに使わなければなりませんでした。今回はカツキングがシールドトリガーしましたが、ノートリガーで負けてましたね。

シールドトリガと手札破壊の運が良かった、、、!

クライマックスジャオウガというカードのパワーをものすごく感じた試合でした。

3戦目 4色邪王門

百鬼の邪王門」によるカウンターや、自分からシールド回収する「鬼ヶ大王ジャオウガ」による攻めが特徴のデッキです。

対戦相手が大きく動いたのは6ターン目。

それまでは対戦相手はザーディクリカなどでマナ加速をしていましたが、鬼ヶ大王ジャオウガを召喚し自身のシールドを回収!!

パルテノンを貼っていたものの相手はあと2体はクリーチャーを出すことができるので試合はどうなるかわかりませんでしだが、

相手の手札に邪王門がなく(マナゾーンに1枚あったが)、返しのターンでプチョヘンザのファイナル革命をしたあと、数ターン後に攻撃して勝つことができました。

4戦目 青魔導具

最速で、新世界を設置され負けを確信しましたが、対戦相手が山札からドローしすぎたおかげで勝つことができました。

はっきり言って運で勝ちました。

勝てる要素はほぼありません。

まとめ

今回の記事では最新の5色コントロールのデッキレシピの紹介とデュエバトルでの結果をまとめました。

環境デッキには十分戦えると思われましたが、青魔導具やマジックメクレイドといった準環境デッキには厳しい戦いになりました。

小型キャラ及びエレメント破壊のできるカードを採用することでこれらは対策できますが、文明のバランスが悪くなるため難しいのが現状です。

また、強いデッキを作れましたら記事にします。

質問ありましたらお問い合わせからどうぞ。

それではまた会いましょう!!

コメント

  1. ひいろ より:

    tesuto

  2. ひいろ より:

    tesuto2

タイトルとURLをコピーしました